【転職3ヶ月の壁】慣れるまでどれくらいかかる?辛いときの対処法

転職したものの失敗だったかも」「もう辞めたいと悩んでいませんか?

転職後少し慣れてきた頃に辞めたいと感じる現象は「転職3ヶ月の壁」と呼ばれ、珍しいことではありません。

ネガティブな気持ちになる原因を理解し、適切に対処することで乗り越えられます。

ゆーさん

転職3ヶ月の壁を乗り越えて、あなたの強みを発揮しましょう!

転職を始める前におすすめ自己分析ツール
ミイダス TOP画

公式サイト:

おすすめ度:

豊富な無料診断:ミイダス

おすすめポイント

  • 診断結果ボリューム圧倒的No.1
  • あなたの市場価値がわかる
  • 強み適職、上司との関係性もわかる

\強みと適職がわかれば活躍できる/

運営者プロフィール

ゆーさん  >>詳細プロフィールをみる

  • 年収+160万の転職実績有り
  • 営業歴15年の売込みのプロ
  • 転職書籍20冊以上のインプット
  • 30以上の自己分析診断ツールを利用
  • キャリアコンサルタント取得に向けて勉強中

目次(クリックでジャンプ)

転職3ヶ月の壁とは?

悲しい時のイラスト
転職3ヶ月の壁とは

転職後3ヶ月前後の時期、職場に対してネガティブな感情を抱き「退職したい」と思うこと

新しい環境に適応していくときには大きなストレスがかかります。

リクルートの調査では転職経験者の64%「職場に馴染めず辞めたい」と思ったことがあると回答しています。

ゆーさん

多くの人が転職後に壁にぶつかっているんですね。

転職をはじめ新しい環境に適応していくときには4つの段階があります。

新しい環境への適応プロセス(リスガードのU字曲線)
新しい環境への適応プロセス(リスガードのU字曲線)
新しい環境に適応するときの4段階
  • ハネムーン期
    • 環境の変化が新鮮で楽しく感じられる時期
  • カルチャーショック期
    • 新しい環境の嫌な面に気がつき、幻滅する時期
  • 適応期
    • 新しい環境に徐々に慣れてくる時期
  • 成熟期
    • 新しい環境に適応でき、不安が解消できる時期

「転職3ヶ月の壁」は「カルチャーショック期」にあたります。

転職直後の「ハネムーン期」は新しい環境への期待もあり、仕事を覚えたり馴染む努力をしたりするうちあっという間に過ぎていきます。

ただし、転職当初は無意識のうちに緊張したり無理をしたりしている場合が多く、少し時間が経った頃にストレスを感じたり体調を崩したりしやすくなります。

そして転職先の悪い面も目に付き始め、新しい環境が辛く感じられる。これが「転職3ヶ月の壁」です。

新しい環境に慣れるプロセスでカルチャーショックを受けるのは自然なことです。

ゆーさん

右肩上がりではなく、一度大きく落ち込んでから徐々に慣れていくことが多いんですね。

⇧目次へ戻る

転職3ヶ月の壁を感じる理由

転職後どういった理由で「馴染めない」「辛い」と感じやすいか、主な理由を4つ紹介します。

①上司や同僚との人間関係がうまくいかない

ネガティブな雰囲気のイラスト

先ほどのリクルートの調査では、「辞めたい」と思った人の約75%人間関係が理由と回答しています。

転職の場合は同期がいないことも多いです。

すでに関係が出来上がっている職場に一人で入っていく必要があり、慣れるまでは緊張やストレスを抱えがちになります。

ゆーさん

ゼロから新しく関係を作るのは大変ですよね。

⇧目次へ戻る

②職場のルールや文化に馴染めない

職場にはさまざまなルールや文化があります。

あなたも無意識のうちに前の職場の文化から影響を受けており、転職後には新しい職場のルールや文化に馴染んでいく必要があります。

職場のルールは明文化されている部分もありますが、大部分は暗黙の習慣や価値観として根付いています。

そうした暗黙の文化を理解するまでには、それなりの時間が必要になります。

自分が「当たり前」だと思っていたことが通用しない経験はストレスに感じるものです。

そうした辛い経験を何度か経ることで、徐々に新しい文化に適応できるようになっていきます。

ゆーさん

よかれと思ってやったことが裏目に出ることもあり、理解できるまではストレスを感じやすいです。

⇧目次へ戻る

③仕事で思ったような成果が出せない

悩むイラスト

転職活動時は自身の強みを掘り下げ明確な志望動機をもって選考を受けています。

そうして内定を勝ち得た後は「この会社に貢献するぞ!」と意欲でいっぱいになっていることでしょう。

一方で人間関係やルール・文化の違いにぶつかり、意欲はあるのに成果が出ないという状況になることは珍しくありません。

特に前の職場で成果を上げられていた人ほど、ギャップに戸惑いがちです。

ゆーさん

頑張っているのに結果が出ない時間は苦しいですね。

⇧目次へ戻る

④入社前の期待とのギャップがある

入社する前に職場の全容を把握することは不可能です。

入ってみてから想定外のデメリットに気づくことをゼロにはできません。

特に「前の職場で当たり前だったこと」で転職時に重視していなかったことが、新しい環境にはなく戸惑ったというケースは多いでしょう。

ゆーさん

転職した結果、以前の職場のよさに気づくことのはあるあるですよね。

⇧目次へ戻る

転職3ヶ月で辞めてもいい?辞めることのデメリット

好きor嫌いイラスト

「転職3ヶ月の壁」はどんな環境でもぶつかることがあるものです。

基本的には3ヶ月という短期間で辞める決断はおすすめできません。

ゆーさん

具体的にどのようなデメリットがあるか解説します。

①自分に合った会社なのに辞めてしまう

3ヶ月前後で「辞めたい」と感じるのは、新しい環境に慣れるまでのプロセスであることが多いです。

どんな職場でも新しい環境ならではのカルチャーショックは避けられません。

多くの場合、入社後3ヶ月~半年ほどで辞めたい気持ちは解消されていきます。

慣れる前のカルチャーショックの時期に辞める決断をしてしまうと、転職活動を経て出会えたあなたに合った会社を捨てることになるかもしれません。

ゆーさん

疲れやすい時期であることを踏まえて、判断を急がないことをおすすめします。

⇧目次へ戻る

②失業手当が受け取れない場合がある

退職すると収入がなくなってしまいます。

ただし雇用保険の制度で、一定の条件を満たす場合には失業手当(給付金)を受け取ることができます。

ゆーさん

転職活動をする際に利用した方も多いと思いますが、転職後すぐに辞めてしまう場合には失業手当は受け取れるのでしょうか?

ハローワークによると、「就職前の受給資格の受給期間内かつ支給日数の残りがある」のであれば受け取れるようです。

いずれにしても、1回目の退職時よりも受け取りの条件が厳しくなり、人によっては受け取れない場合があります。

基本的に退職はおすすめしませんが、もし辞める場合は事前にハローワークに確認するようにしましょう。

⇧目次へ戻る

③「すぐに辞めそうな人」と思われる

office

再度転職活動をする際には「なぜ短い期間で辞めるのか?」が必ず問われます。

企業はコストをかけて採用するため、採用した人にはできる限り長く働いてもらいたいのが本音だからです。

企業の採用担当者が納得できる退職理由でなければ、「退職リスクの高い人」とみなされ採用してもらえません。

ゆーさん

今以上にいい条件の職場に転職できるとは限りません。短期退職はリスクが大きいことを知っておきましょう。

⇧目次へ戻る

転職3ヶ月でも辞めた方がいい場合

基本的には短期間での離職はおすすめできません。

しかし以下のような場合には、短期間でも退職した方がいい可能性が高いです。

①明らかな違反やハラスメント行為がある

法令違反やハラスメント行為が見られる職場に長く留まる必要はありません。

労働時間が長すぎる・休憩がない・就業規則がないなどの明らかな法令違反がある場合や、セクハラ・パワハラといったハラスメント行為がある場合は、職場に問題があります。

企業内に通報窓口がある場合はまずは通報してみましょう。

対応されない場合には労働基準監督署へ通報するという方法もあります。

ゆーさん

解決に時間がかかる場合も多いため、無理する必要はありません。

⇧目次へ戻る

②転職時に重視していた条件を満たせていない

考えるイラスト

「選考時に約束されていたはずの条件が実際の職場では満たされていなかった」というケースもあります。

その場合、上司や人事部に相談することで改善するかもしれません。

改善が見込めず、あなたにとって譲れない条件が満たされないのであれば無理に留まる理由はありません。

ゆーさん

採用時に提示された条件と相違があるのは企業側に問題があります。

⇧目次へ戻る

③体調に異変をきたしている

抑うつなどの症状が見られる場合、無理は禁物です。

ただし焦って退職する必要はありません。

まずは医師の診断を受け、休職の手続きをとることをおすすめします。

ゆーさん

傷病手当金は転職後すぐでも受け取れます。安心してまずは心身を休めましょう。

⇧目次へ戻る

転職3ヶ月の壁にぶつかったときの乗り越え方

goodなイラスト

「転職3ヶ月の壁」は誰もがぶつかりうるものです。

時間とともに解決できる場合が多いですが、より速く効果的に乗り越えるためには以下を実践してみましょう。

①今はしんどい時期と理解する

新しい環境への適応プロセス(リスガードのU字曲線)
新しい環境への適応プロセス(リスガードのU字曲線)

「転職3ヶ月の壁」は、新しい職場に馴染むための大切なプロセスです。

入社してから右肩上がりでずっと調子がよい人はほとんどいません。

環境変化のストレスはどうしても避けられないものです。

ゆーさん

あなたも職場も悪くありません。成果を焦らず、少しずつ新しい環境に馴染んでいきましょう。

⇧目次へ戻る

②職場のルールを理解する

まずは「郷に入れば郷に従え」と考え、新しい職場の「当たり前」を知りましょう。

職場が変わればルールや文化も変わります。

ルールや文化の違いには、それぞれの事情が背景にあります。

あなたはその職場では新参者です。

「違うやり方のほうがいいのに」と思うことがあっても、まずはその職場のやり方を理解するよう努めましょう。

ゆーさん

「教えてほしい」という謙虚な姿勢は好まれます。相手を理解し信頼関係ができた上で改善提案ができると喜ばれますね!

⇧目次へ戻る

③わからないことで悩まず人に聞く

ルールや文化を理解する前に自分で判断すると、誤った判断になりがちです。

社会人歴や業界経験が長かったとしても、独善的にならず積極的に人に頼りましょう。

キャリア採用は即戦力とみなされ放置されることもありますが、フォローの必要性を認識してもらうためにもわからないときには積極的に行動する方がよいです。

ゆーさん

焦らず1つずつ「わかる」「できる」を増やしていくことが成果への近道です!

⇧目次へ戻る

④相談できる人を見つける

転職したばかりだと、同じ職場で悩みを共有できずに孤独になりがちです。

上司や先輩、同僚など自分が頼りやすい人をまずは一人見つけることをおすすめします。

「誰に相談すればいいかわからない」という場合にも「とりあえず○○さんに聞いてみる」ことができると徐々に適切な相談先が増えていくはずです。

ゆーさん

SOSを出さないと、あなたが困っていることに周りも気づけません。遠慮せずに頼りましょう!

⇧目次へ戻る

⑤予定外のこともチャンスと捉えてみる

あなたを採用した企業側は、あなたがその環境で活躍できると考えて配置しています。

ポジションや業務内容、人間関係などで「想定外だった…」と思うことがあるかもしれませんが、逆にチャンスとして捉え直せないか検討してみましょう。

予定外をチャンスと捉える
  • 新しい経験ができる
  • 視野が広がる
  • 新しい強みが見つかる
ゆーさん

自分の新たな一面に出会えるかもしれません!

⇧目次へ戻る

どうしても辛いときは違和感を分析しよう

「やっぱり頑張ろうと思えない」「自分には合っていない気がする」

どうしても違和感が拭えないときは、違和感に向き合うことが大切です。

闇雲に行動してもまた転職を繰り返すことになる可能性が高いです。

今回の経験を材料に、改めて何が自分にとって大事なのかを見極めましょう。

\まずは自己分析から始めてみよう/

ゆーさん

考えを整理しよりよい行動につなげましょう!

参考記事 おすすめの自己分析のやり方

①無料診断ツールを活用する

\役に立つ自己分析ツールTOP3/

順位王冠1位王冠2位王冠3位
ツールミイダス
Re就活ロゴ
アサイン ロゴ
診断内容適職・強み
人間関係など
適職・性格
行動特性など
適職・強み
想定年収など
メリットストレスなく活躍
できる働き方がわかる
選考書類が
どんどん埋まる
活躍できる
仕事がわかる
デメリット診断時間約20分診断結果が
9種類
iOSとAndroidのみ
(PCの登録不可)
登録要否 登録要登録要登録要
公式HP
関連記事詳細記事詳細記事詳細記事

TOP3はすべておすすめですが、迷ったらボリューム満点のをやってください。

自己分析まにあとして26個の診断をレビューしてます。

関連記事 転職の無料自己分析ツール ランキング26選

\あなたに最適な診断がわかる/

おすすめの自己分析ツールを診断
どんな自己分析がしたい?

⇧目次へ戻る

②キャリアアドバイザーに相談する

プロのアドバイザーである第3者に相談するのは向いてる仕事を見つけるのに最も有効な手段です

プロのキャリアアドバイザーの種類
  • 転職エージェント
    • 企業から報酬をもらって転職希望者をサポート
  • 有料のキャリアコーチング
    • 相談者から費用を受け取りキャリアの相談を受ける
ゆーさん

向いてる仕事を見つけるという観点では有料のキャリアコーチングをおすすめします!

【図解】転職エージェントの構造
【図解】転職エージェントの構造
【図解】有料キャリアコーチングの構造
【図解】有料キャリアコーチングの構造

有料のキャリアコーチングの場合はあなたから報酬を受け取るため、100%あなたの為にアドバイスをしてくれます。

問題は最低でも25万円ほどという非常に高額なところ

ただし、そんな有料サービスも初回無料でお試しできます。

ゆーさん

僕も初回サービスを受けましたが、向いている仕事もアドバイスをもらえて働き方を改善するきっかけになりました。

\初回相談無料/

おすすめのキャリアコンサルタント

:最大手の有料キャリアコンサルタント

:2ヶ月で人生を変えるキャリアコーチング

関連記事 【筆者体験談有り】ポジウィルの評判

関連記事 【筆者体験談有り】マジキャリの評判

⇧目次へ戻る

③マインドマップで自己分析をする

マインドマップを使って自己分析を行うと自分にどんな実績があって何ができるかが明確にできます

【マインドマップ例】自己分析で明確にすべき主要3項目+α
マインドマップで自己分析する項目
マインドマップで自己分析する項目
  1. 職務実績
    • これまで経験を積んだ仕事
  2. 自己PR
    • 職務実績から身に付けたスキル
    • 強みや長所
    • 仕事以外での実績
  3. 志望動機
    • 職務実績や強みを活かせる理由
    • キャリアプラン
    • 現職に対する不満
    • 企業・業界特有の魅力 ※企業分析

これらをマインドマップを使って深掘りしていくことであなたがやってきたこと、できることが明確になり向いてる仕事が見えてきます

マインドマップを使って私が具体的に自己分析をしている記事を紹介します。よければ参考にしてください。

関連記事 マインドマップで転職活動の自己分析

⇧目次へ戻る

転職3ヶ月の壁についてよくある質問

転職3ヶ月の壁を乗り越えるのにどれくらいかかる?

入社後3ヶ月から半年ほどで乗り越える方が多いです。

ゆーさん

乗り越え方をヒントに行動してみてください。

転職3ヶ月の壁を乗り越える方法は?

「転職3ヶ月の壁」は新しい職場環境に適応するまでの段階の1つです。

時間が経ち職場に慣れることで乗り越えられます。

ゆーさん

以下の5つを意識すると乗り越えやすいですよ!

転職3ヶ月で辞めても大丈夫?

基本的にはおすすめしません。

どの企業も「すぐに退職してしまうリスクのある人」は採用を避ける傾向にあります。

ゆーさん

明らかに職場に問題があるわけでなければ、まずは新しい職場に馴染めるよう努力してみましょう。

⇧目次へ戻る

まとめ|転職3ヶ月の壁を乗り越えて、自分らしく働こう

良い評判のイラスト

転職は大きな環境の変化です。

変化によるストレスが大きい時期は辛いですが、「そういうものだ」と理解して焦らず無理なく乗り越えていきましょう。

変化を乗り越えた先に、違うバックグラウンドを持つあなただからこそ貢献できることがきっとあるはずです。

ゆーさん

あなたが選んだ新しい環境で、自分らしく活躍できることを祈っています!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次(クリックでジャンプ)